鳥べえ虫べえ(旧 南海沿線のムシと鳥)

nankaizoi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 07日

うちのアゲハ

餡氏はベランダで鉢植えのサンショウを育てているのだが、毎年アゲハが産卵して行く。
アゲハはサンショウにとっては害虫なので、ベランダにアゲハが近づくと、餡氏は血相を変えて追い払おうとする。しかし、ひとたび産卵されると、そのアゲハ(卵や芋虫)は直ちに「うちの子」に変じてしまうようだ。彼等の成長を見守るのが、餡氏にはとても楽しい。らしい。
残念ながらこれまでは、もういつ蛹になってもええよという段階になると、忽然と姿を消していた。夕方から早朝の間にいなくなるようで、餡氏はヤモリの仕業ではないかと想像しているそうだ。別の魑魅魍魎の存在もあり得なくない、と考えると不気味である。

今年一回目のアゲハは消えてなくなったが、サンショウが2回目の葉を出した頃、ざっと数えて7ヶの芋虫が孵った。そして8月の終わりのある朝、餡氏は見慣れないものを発見した。
これはアゲハの前蛹だ。これは文字通り蛹の前の段階で、脱皮して蛹になるそうだ。
d0116145_17182754.jpg

翌朝アゲハは蛹になっていた。やったぜ!
d0116145_17183818.jpg

9日後、蛹は成虫が透けて見えるようになった。がんばれアゲハ!もうちょっとや
d0116145_17185442.jpg

用事を済ませて帰宅すると、羽化が完了していた。ようやった!えらいぞアゲハ!!
d0116145_17191270.jpg

撮影後3時間余りもサンショウにぶら下がっていたが、飛び立った。なんとか生き延びて産卵せいよう!
[PR]

# by an_toshiro | 2011-09-07 17:23 | チョウ
2011年 08月 20日

キボシカミキリ

アブの共食いで止まっていては、いくらなんでもナニなので本日も更新することにした。

キボシカミキリを撮影したが、触角が切れてしまった。
撮りなおそうとしたら飛び去った。ちょっとイケズをされた気分である。
d0116145_1522513.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-08-20 15:02 | カミキリムシ
2011年 08月 18日

アブ

ムシヒキアブ (の一種) がふたつひっついて飛んだので、交尾しているのかと思った。
とまったところを見て、うへぇ~と落ち込む。 共食いやったあ。
d0116145_7452153.jpg

そういえばこれは2頭が同じ方向を向いていますが、(餡氏の記憶では) ムシヒキアブの交尾ならシリとシリをつけているから、♀が西向きゃ♂東、でした。
[PR]

# by an_toshiro | 2011-08-18 07:45 | その他の昆虫
2011年 08月 06日

今年は多い

          今年はクロオビツツハムシが多いようだ。
d0116145_1645332.jpg

          分かりにくいのだが、写真の下方に写っているハムシは交尾しているカップルである。
[PR]

# by an_toshiro | 2011-08-06 16:46 | その他の昆虫
2011年 08月 03日

アジサイの花の上で

2年ぶりに「用心棒日月抄」(藤沢周平)を読んだ。
何回読んでも面白い小説だ。そういう小説であることも事実だが、餡氏に記憶力がないために、何回読んでも初めて読むのと同じ。 だということもある。 かもしれない
引用してみる。 『...のを見返しながら、又八郎は腹に笑いが動くのを感じた。』(又八郎は主人公)
こうした部分には作者の男くささが感じられて、餡氏はとても気に入っているそうだ。

アジサイの装飾花にクロアゲハが来ている。蜜も出んのに何をしているのか。
d0116145_20222718.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-08-03 20:27 | チョウ
2011年 07月 31日

アジサイの花の上で

見慣れないカミキリがアジサイの上にいた。
d0116145_19361816.jpg

図鑑と絵比べをして、ビロウドカミキリでござりませうか?とフクロウおじさんに問い合わせた。すると
この地域には、ビロウドとニセビロウドの可能性があり、この写真ではどちらかわからない (ややニセ的) との返事。
フンフンやっぱり写真だけじゃね.. 限界っちゅうもんがあるわいね... といって餡氏は昆虫採集をする気持ちにはなれません。

餡氏を嫌うビロウドカミキリ (の一種) が逃げた。もちろん追いかけて撮影。
d0116145_19363215.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-31 19:37 | カミキリムシ
2011年 07月 28日

ヒメヒゲナガカミキリ

7月も毎日更新の積りであったが、世の中うまいこといかんもんで、またまた撮影に行けない事情ができてしまった。残念だが、当面は取り溜めた写真を使って時々更新しようと思う。

倒れかけたサクラの木と、近くにあったサクラの伐採木にヒメヒゲナガカミキリが集まっていた。
ヒメヒゲナガの交尾を初めて撮ったと思っていた。しかし、今改めて写真の雌雄の位置関係を見て、護衛♂と産卵(又は、しようとしている)♀のカップルなのだろうと考え直した。
d0116145_2040750.jpg

d0116145_20402325.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-28 20:41 | カミキリムシ
2011年 07月 24日

アシナガバエの仲間

               このふたつのハエは敵対している。
d0116145_54072.jpg

               どちらが勝ったかは忘れてしまった。
[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-24 05:40 | その他の昆虫
2011年 07月 23日

先月撮ったチョウ

          これはアサマイチモンジであろう。産卵しているようだ。
d0116145_5323188.jpg

          こっちはイチモンジチョウか。もう少し絵になるところにとまっていただきたい。
d0116145_5324595.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-23 05:35 | チョウ
2011年 07月 22日

アリ

この花はタンポポだろうと思うのだが、アリが群れている。
しかもアリはかなり熱心に潜り込もうとしている。見かけない光景だったので撮影した。
d0116145_5381092.jpg

最近「働かないアリに意義がある」(長谷川英祐著 2010 メディアファクトリー)を読んだ。なかなか面白かったので、お勧めしておく。
ただ、当然のことだがヒトの暮らす「社会」と、真社会性生物の「社会」とは、言葉は同じでも本質は違うものである。そういう意味で、ヒトとアリなどをやたら比較するのにはやや違和感を感じた。
[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-22 05:39 | その他の昆虫
2011年 07月 21日

先月撮ったチョウ

ムラサキシジミはそんなに鈍感なチョウではないと思う...   のだが、こいつはどんなに近づいてもピクリともしない。
d0116145_5422044.jpg

死んでいるのでわ? という気がせんでもないのだが、確かめなかった。

翅を開いたムラサキシジミがいたので撮影。これは今月撮った。
d0116145_5423837.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-21 05:44 | チョウ
2011年 07月 20日

先月撮ったチョウ

マイフィールドでは初めてアカシジミを見たと思う。
d0116145_6414585.jpg

青森では、昨年と今年、アカシジミが大量発生したそうだ。良くない事態には違いないが、アカシジミを見る機会が少ない餡氏は、うらやましいなという思いも少し持っている。

               ルリシジミ
d0116145_642351.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-20 06:43 | チョウ
2011年 07月 19日

トラフカミキリ

昨日は羽脱 ( カミキリなどが成虫になってホスト植物から出てくることを、このようにいうらしい ) の前兆かと思われる木屑のことを書いた。
しかし木屑が出てくるのを発見してから1時間経っても、カミキリの脚の爪の垢のひとかけらも見えてこない。
これは何が起こるにしても相当時間がかかるな、諦めるかぁとガックシうなだれたら、足もとにカミキリの潜む穴があった。

          ただでさえ不機嫌な顔つきのカミキリであるが、顎を開くとほんとに怖い。
d0116145_529664.jpg

          幸いにも、トラフカミキリの羽脱を見ることができた。
d0116145_5291962.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-19 05:31 | カミキリムシ
2011年 07月 18日

トラフカミキリ

クワの幹の中から、木屑が押し出されてポロポロ落ちてきた! トラフの脱出痕が餡氏の脳裏に浮かび、緊張で顔がキリッと引き締まる。
というのは餡氏の妄想で、氏のたるんだ顔が実際に引き締まるわけではない。ほんとうに残念なことではあるが... 無念ぢゃ
おっと、今はそんなことを考えている場合ではない!
これはひょっとするとカミキリが出てくる前ぶれではないだろうか。
d0116145_55198.jpg

見るとあちこちに木屑が落ちている。
d0116145_553833.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-18 05:06 | カミキリムシ
2011年 07月 17日

トラフカミキリ

トラフカミキリの交尾である。交尾器がやや光って見えている。
d0116145_5251299.jpg

短時間で交尾は終わるようである。しかし、♂はその後も長く離れない。
♀の腹部の先端がクワに向って伸びている。産卵ではないかと思うのだがどうだろうか。
d0116145_5252665.jpg

d0116145_5253963.jpg

d0116145_5254942.jpg

データを見ると、昨日の⑥の写真(♂が♀の背に乗ったとき)から今日の2枚目の写真(産卵している)までの経過時間は1分44秒である。つまりこのケースでの交尾は、1分44秒以内に終わっている。
このカップルの最後の写真は、それから6分30秒後であるが、♂は♀の背に乗っていた。

以上の観察から生じる餡氏の妄想は次のようだ。
     ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
交尾後、♀は♂に守られながら産卵しているのであろう。♂は他の♂から♀を守っているに違いない。
産卵と同時に受精が行われるのだと思う。もし他の♂が最初の♂の交尾と産卵の間に割り込んで交尾したとしたら、最初の♂の精子の受精率が下がるであろう。だから♂は交尾の後も♀から離れず、他の♂の交尾を阻止しているのだと考えられる。
重くて ♀がかわいそうじゃないか ばかぁ と田嶋センセが怒って来そうだ。しかし♂の護衛は♀にも恩恵がある、と餡氏は妄想している。
もし、このような状態での産卵中外敵に襲われたとき、より無防備な♂が犠牲になれば、♀はその間に逃げて生き延びる可能性が大きくなると考えていいのではないだろうか。
[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-17 05:31 | カミキリムシ
2011年 07月 16日

トラフカミキリ

トラフカミキリ同士が遭遇すると、いとも無造作にカップルになる。その過程を、ピンボケ写真ではあるが撮影した。
d0116145_5273452.jpg

d0116145_5274872.jpg

d0116145_5281082.jpg

「無造作に」とは書いたが、出会ったからといって必ずしもカップルになるわけではない。一方が逃げるケースが頻発する。
その中身は、♂同士の出会いということもあるだろうが、♀による選り好みもあるかもしれない。餡氏にはわからない。
[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-16 05:28 | カミキリムシ
2011年 07月 15日

トラフカミキリ

トラフカミキリは、♂の方が♀より大きいことも、その逆も、両方のケースがあるのだということが過去の観察で分かっている。

この日餡氏は、クワの木を見上げてドキッとした。トラフの半分ぐらいの大きさのカミキリがいるのだ。
何だろうと思っていたが、しばらく見ていて、このチビもトラフであることが大体分かってきた。
普通のトラフと遭遇すると逃げてばかりいる。飛び去るときもある。

大きさの違いが分かる写真がようやく撮れた。♂に押さえ込まれてしまったからだ。
d0116145_542920.jpg

なぜこんなにも大きさが違うのか。カミキリの卵は餌の中に産み付けられるのだから、餌が少なかったんで大きくなれませんでした、ということもあるまいに。
[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-15 05:43 | カミキリムシ
2011年 07月 14日

トラフカミキリ

今年もトラフカミキリの季節がやってきた。トラフはマイフィールドの名物であるので、今回を含めてこのカミキリを6回連載する。
d0116145_5113820.jpg

このクワは穴だらけだ。多くはトラフの脱出痕ではないかなと推測する。
d0116145_5115119.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-14 05:12 | カミキリムシ
2011年 07月 13日

先月撮ったチョウ

               スジクロシロチョウ
d0116145_5314786.jpg

d0116145_532399.jpg

     どうしたっ モンシロチョーッ?! 何があったんだあっ!!! しっかりしろおぉぉっ!?!
d0116145_532208.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-13 05:33 | チョウ
2011年 07月 12日

先月撮ったチョウ

               ヒオドシチョウがきていたので撮影。
d0116145_5135621.jpg

d0116145_5142594.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-12 05:15 | チョウ
2011年 07月 11日

先月撮ったチョウ

クロヒカゲである。
ちょっと薄暗いところにいて、色も名前も黒っぽくて地味。でも、けっこう美しいチョウだと思うがどうでしょうか。
d0116145_57269.jpg

少し褪せたクロヒカゲだが、翅を開いてくれたので撮影。
d0116145_572314.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-11 05:08 | チョウ
2011年 07月 10日

カワトンボ

これがニホンカワトンボの無色翅型♂や ...と思うんです。
d0116145_455713.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-10 04:55 | トンボ
2011年 07月 09日

ゾウムシ

トホシオサゾウムシである。
d0116145_5155757.jpg

ムシを撮るようになるまでは見たことも聞いたこともない昆虫だった。しかし普通にいるものなので、今では見ても少しも驚かない...
d0116145_5161198.jpg

がっ、下の写真には驚愕しました。
d0116145_5162734.jpg

♀の眼が飛び出したと思ったんですが、よく見たらアリ。撮影してる時、アリなんて全然気付きませんでしたよ、と語る餡氏である。
[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-09 05:18 | その他の昆虫
2011年 07月 08日

ゾウムシ

実物を見ても、このように撮影しても、いまいち形がつかめないというか、わかりにくいというか
オジロアシナガゾウムシという、マイフィールドによくいるゾウムシである。クズにつくらしい。
d0116145_5291032.jpg

ちょっと手を出しただけで死んでしまうので、注意を要する。
しっかりせい、傷はないぞぉとゆすっても反応はない。
が、おめえが死のうが生きようが知らんわい、と横を向いていると、もそもそと息を吹き返すのである。
[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-08 05:30 | その他の昆虫
2011年 07月 07日

ハチあれこれ

なんなのかわかりませんけど

               ハチE
d0116145_5572571.jpg

               ハチF
d0116145_5575617.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-07 05:58 | ハチ
2011年 07月 06日

ヒメアリ

何かの蛹にヒメアリが群れている。
d0116145_502754.jpg

蛹には穴があいており、アリが侵入している様子。拡大した下の写真の方が、穴がわかりやすいであろう。
d0116145_504163.jpg

小さいアリ(1~2mmほど)であるので、殻を食い破ることはできまい。
何かの事故でできた穴にアリがつけ込んだんだと思う  ...というより、そのように思いたい。
[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-06 05:01 | その他の昆虫
2011年 07月 05日

コアシダカグモ

スイカズラがあったので、ニセリンゴカミキリをさがしていたら、コアシダカグモが這い出してきた。
このクモは時々狩りバチに引きずられているのを見るが、明るいところでこんな風に動き回っているのを見ることは少ないのやないかなと思う。
餡氏は、薄暗い山中で何回か見たそうである。ここマイフィールドでは、餡氏のズボンに本種が潜り込んだということがあった。
d0116145_5454439.jpg

これとよく似た少し大きいクモ、アシダカグモ ( 時々壁にべったり張り付いている ) はインドア派であるが、このコアシダカはアウトドア、インドア両刀遣いということである。
[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-05 05:46 | クモ
2011年 07月 04日

ネジバナ

餡氏のベランダで、昨年はいじけたネジバナが一本咲いただけだった。
こんなに愛情をこめて水をやってんのに... と、餡氏は不満顔であった。
昨冬本を見ていたら、ランであるネジバナにはラン菌が共生するとのこと。ラン菌がなければネジバナは生きてゆけないらしい。
納得した餡氏は、水をやるときにラン菌にも愛情を込めることにしたという。
そんなこんなで今年は、貧相ながら六本咲きました。
d0116145_5332688.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-04 05:33 | 植物・きのこ
2011年 07月 03日

先月撮ったカミキリムシ

マイフィールドでエゾナガヒゲカミキリ見つかってから、フクロウおじさんが頻繁に来るようになった。
餡氏と日程が合えば、同行して一緒にムシ探しをすることもある。なにやかやと教えてくれるので勉強になると餡氏は語っている。
のだが、比較的ハードなナチュラリストのおじさんは、足場が悪かろうとスズメバチがおろうとなにがあろうとおかまいなしに探索する。
今日のヨツキボシカミキリも足場の悪いところに放置されたヌルデの伐採木にいたので、餡氏単独であれば見なかったことにするところだ。実際、餡氏は、危ないから撮影しないと断ったそうだ。しかしおじさんに強要されて撮影に向った餡氏は、案の定、足を滑らせたか、つまづいたかでこけそうになったという。ついでに件のヌルデの伐採木を蹴飛ばして、カミキリは四散してしまったらしい。というような涙のいきさつがあって、全くの自然状態におけるカミキリの姿をお届けできないのが、残念といえば残念である。
d0116145_4534747.jpg

d0116145_454432.jpg

6月のある日、とうとうエゾナガヒゲカミキリを採ったという、おじさんのメールを受け取りました。
見つかって良かったと思いました。「ある意味、命懸けやね」などといいながら探してたんですから。
メールについてきた写真を出しておきます。
d0116145_4541934.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-03 04:57 | カミキリムシ
2011年 07月 02日

ハチあれこれ

ハチC は時々見られる。アリバチの一種の♂である(♀には翅がない)。
撮影中に飛び去ったので、3枚の写真をまとめて1枚にしてみた。
ハチD はオオスズメバチだ。とても大きくて、とてもこわい。

               ハチC
d0116145_4394821.jpg

               ハチD
d0116145_440327.jpg

[PR]

# by an_toshiro | 2011-07-02 04:40 | ハチ